第33回 生姜 (寒さ、風邪に効く万能選手)

生姜は薬味会のスター選手であり欠場すると、ガリのない寿司、生姜のない冷奴、生姜のない生姜焼き(ただの「焼き」か)と、ショウガない料理になってしまう。
原産はインドなどの熱帯アジアで、日本には中国経由、西洋にはインドから渡り、和・洋・中だけでなくエスニック料理に欠かせない世界的スパイス。甘い物にも合いクッキー・ケーキでも活躍する万能選手だ。
 寒さ対策、風邪予防にも効果がある。漢方では「百邪を防御する」と言われ、せき止めや健胃剤としても活用される。新陳代謝を促し発汗保温効果があり、ダイエットのために生姜紅茶を飲む人もいる。
 またタンパク質分解酵素も含んでおり、豚肉を30分漬け込んでから焼くと旨み・甘味成分が増し、かつ柔らかく仕上がる。生姜焼きは理にかなった調理方法である。

ただし、チューブ入生姜は加熱処理されており、香り・辛みはあるが酵素が働きにくいのでやはり都度すりおろしを使うのがコツである。

 
河北新報夕刊 「食彩マルシェ」 掲載分