第40回 にら(調理自在なスタミナ源)

ニラにはスタミナ・疲労回復という言葉がよく似合う。特にユリ科独特の強烈なにおい(香り)は、いかにも滋養強壮がありそうで、香りだけでも元気が湧いてきそうだ。
この香りの物質は硫化アリルで、豚肉に多いビタミンB1を吸収し易くし、疲労回復、風邪予防等に効果があると言われる。まさにスタミナの源である。
ニラは寒さに強く、また切っても切っても収穫ができ、そのため畑には大量の堆肥を必要とする。そんなニラの強さが、人にも強壮力を与えると思われていたのか、修行僧は目にする事さえ禁じられていたと伝えられている。登米市特産「もっこりニラ」のネーミングに思わずニンマリする。
出荷初めの春のニラは、柔らかくて美味しく、卵とじ、餃子、お浸し、チヂミ、お吸い物、何でも合う。旨さと滋養の二拍子揃ったニラを食べて、熱い声援を楽天イーグルスに送りたい。
 
河北新報夕刊 「食彩マルシェ」 掲載分