第50回: きのこ(種類豊富で低カロリー)

日本のきのこの種類は4千以上もある。お馴染みの椎茸、エノキタケ、ナメコ、平茸、ブナシメジ、舞茸、マッシュルーム、エリンギなどは、野菜同様に栽培された物が多く、周年通じ食卓にのぼる。それでも、きのこの季節感は、やっぱり季語どおり「秋」でしょう。
収穫の秋を迎えて、おいしい季節の贈り物を食べない手はない。
きのこは低カロリーで、食物繊維やレンチナン・ビタミンD・βーグルカンなどの身体によい成分を豊富に含み、かつ味・香りも良い優れもの。和え物・鍋物・パスタ・中華料理など和洋中どんな料理にも似合い、旨みを上手に引き出す食材だ。
ブナシメジ、エノキダケなどを使った簡単料理「きのこサラダ」や「大根おろしとの和え物」はきのこらしさを味わえてお勧め。加熱し過ぎないよう留意すること。
きのこ料理と虫の音を肴に、宮城の地酒で秋の夜長を楽しむのも、またオツなもんである。
 
河北新報夕刊 「食彩マルシェ」 掲載分