ごあいさつ

代表取締役社長 佐藤 龍悦

 仙台市における安定的な青果物の流通を担って、創立以来59年間、青果物を全国の産地の皆様方のご理解とご協力を頂きながら集荷し、宮城県民、仙台市民の食卓にお届けするため昼夜営業を続け、東北の拠点市場としての評価を頂くまでに成長いたしました。
 これもひとえに、日頃弊社を利用いただいております産地(生産者)、市場関係者、小売業者並びに消費者の皆様のお陰であると心より感謝し御礼を申し上げます。

 青果物の消費ニーズは、高齢化及び人口減少や食生活様式の多様化等を反映して家庭内消費中心から中外食へ移行しており、カット野菜・果物や調理済惣菜などの需要が増加しています。
 より安全で新鮮な青果物を安定的に提供することが求められています。

 一方で、産地の状況は、生産者の高齢化などで安定生産が危惧されており、加えて異常気象の常態化で安定生産に支障が出ています。
 さらに流通段階では、燃料価格の高騰やトラック運転手不足といった物流問題が大きくなってきています。

 このように青果物の生産流通を取り巻く環境は大きく変化しており、「農業」、「流通」、「食」、これら一つ一つも時代とともに変化します。
 これからは、市場の機能も変化に対応していかなければならないと考えています。
 当社は北海道から沖縄まで全国各地の青果物を集荷し、消費者へお届けすることを使命としていますが、変革の時代にあってその責任は今後ますます重要性を増していくものと考えています。

 新体制のもと、市場で何ができるかと創業時の原点に立ち返って将来を展望し、中期ビジョンによる「人づくり・仕組みづくり・満足づくり」の社内改革を進めながらお客様の様々なご要望にお応えしてまいります。

 これからも我社は、生産者と消費者を青果物の流通で結ぶ懸け橋となるよう役職員一同全力をあげて取り組んでまいりますので、なお一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。